つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党
つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党

2020/9/5

公明党千葉県の夏季議員研修会が太田昭宏議長を迎えて開催されました。

コロナ禍で人と人との触れ合いが薄れるなかにあって、常に地域の太陽にという訴えを胸に新たなスタートを切りました。

「日の出を見ろとは 、大島小學校の神聖なる警語で 、其堂々たる冲天の勢と 、其飽くまで氣高かい精神と 、これが此警語の意味です 。一日又一日と 、全力を盡(つく)して 働く 、これが其實行なのです 。」

「伸一先生の柔和にして毅然たる人物は 、これ等の教訓を兒童の心に吹き込むに適して居たのです 。そして 、先生も亦た 、一心不亂に此精神を以て兒童を導き 、何時も樂げに見え 、何時も其顏は希望に輝やいて居ました 。」

国木田独歩「日の出」より

つのだ ひでお

つのだ ひでお(角田 秀穂)

  • 略歴

  • 1961年3月 東京都葛飾区生まれ。

  • 創価大学法学部卒業。

  • 上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める。

  • 社会保険労務士。