つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党
つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党

22021/8/17

「公明党の一番良い点は、社会に対するセンサーが働いていることだと思います」識者の言。

市原市選出・鈴木県議、市原市議とともに現場の声を伺いに歩きました。

センサーの感度を高めるため、明日も現場を歩きます。

つのだ ひでお

つのだ ひでお(角田 秀穂)

  • 略歴

  • 1961年3月 東京都葛飾区生まれ。

  • 創価大学法学部卒業。

  • 上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める。

  • 社会保険労務士。