つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党
つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党

2020/11/21

今月は児童虐待防止推進月間。

千葉県本部ではJR柏駅前でオレンジリボン街頭演説を行い、児童虐待ゼロを目指しての公明党の取り組みの紹介や地域全体での関わりの重要性を訴えさせて頂きました。

街頭活動には平木県本部代表、仲村県民運動局長、正田女性局長はじめ青年局、女性局のメンバーが参加。

児童相談所の増設や機能強化、虐待予防のための健康、福祉、教育など関係機関の連携強化など公明党が取り組んできたことを紹介するとともに、虐待を防ぐという視点も意識しながら地域で子供たちを見守っていくことの重要性を訴えさせて頂きました。

 

つのだ ひでお

つのだ ひでお(角田 秀穂)

  • 略歴

  • 1961年3月 東京都葛飾区生まれ。

  • 創価大学法学部卒業。

  • 上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める。

  • 社会保険労務士。