つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党
つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党

2020/11/6

党本部で開催された全国県代表懇談会。

コロナ対策、景気の浮揚、少子化への取り組みなど当面する課題に国、地方が結束して結果を出すとともに、来るべき政治決戦を一丸となって勝利するとの決意を固める会合となりました。

今月17日は56回目の結党の日。

山口代表は「56年前、保守対革新のイデオロギー対立の中で大衆直結の政治を求める衆望を受けて公明党は誕生した。改めて原点を確認し、大変な状況だからこそ一人ひとりが対話に徹して国民に励ましと希望を届けて行こう」と訴えました。

つのだ ひでお

つのだ ひでお(角田 秀穂)

  • 略歴

  • 1961年3月 東京都葛飾区生まれ。

  • 創価大学法学部卒業。

  • 上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める。

  • 社会保険労務士。