つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党
つのだひでお(角田 秀穂)|前衆議院議員|公明党

2019/4/20

鎌ケ谷市・新人候補「鈴木てつや」市民の声が届く鎌ケ谷市政をさらに前進させたいとの決意で挑戦させて頂いています。公明党は全国の地方議員同士の連携、市町村議会から、県議会、国会までのネットワークで地域の住民の声を必ずカタチにします。だからベテランでなくとも、新人だってどこにも負けない仕事ができるんです。「鈴木てつや」は今日までたくさんの声を受け止めてきました。その声をカタチにするため、何としても厳しい選挙戦を勝ち抜く、そのために今現在も声の限りに訴え続けています。どうか皆さまのお力で押し上げて下さい。

つのだ ひでお

つのだ ひでお(角田 秀穂)

  • 略歴

  • 1961年3月 東京都葛飾区生まれ。

  • 創価大学法学部卒業。

  • 上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める。

  • 社会保険労務士。