つのだひでお(角田 秀穂)|衆議院議員|公明党
つのだひでお(角田 秀穂)|衆議院議員|公明党

2022/10/5

FAOアジア・太平洋地域の農業・食料システム変革シンポジウムにオンラインで出席しました。

気候変動や自然災害など世界の食料の安定供給事情は不安定な状況が続いています。

日本では、みどりの食料システム変革に必要な技術の確立と普及に向けて、アセアン地域の各国と連携し、取り組んでまいります。

画像

画像

2022/10/3

本日、第210回臨時国会が召集され開幕いたしました。

農林水産大臣政務官として挑ませて頂く初めての国会になります。

物価高騰対策等、国民生活に影響する課題は山積しておりますが、「現場第一主義」を貫く公明党からの政務官として誠心誠意、全力で職務を果たして参ります。

2022/9/30

農業用水の安定供給を図る北総中央地区かんがい排水事業の状況について富里市の五十嵐市長より要望を戴き意見交換を行いました。

市長からは詳しく説明を戴き現状や課題について伺わせて頂きました。

市長、公明党富里市議団と共に現地視察も行い実際に農家の方からも現場の声を伺わせて頂きました。

 

2022/9/29

成田空港の動物検疫所・植物防疫所の視察を平木大作・竹内真二両参議院議員とともに行いました。

海外からの伝染性疾病や病害虫等の侵入を防ぐため現場での業務を見学。中でも探知犬の活動は頼もしく日々現場で活躍しております。

これからも効果的かつ有効的に現場の皆さんが働けるよう取組みます。

IMG_6337

2022/9/28

高知県で農福連携に取組むこうち絆ファームを視察。

障がい等抱える方に収穫や袋詰め作業を通し農業にやりがいを感じてもらい生活面のサポートなど素晴らしい取組みをされていました。

高知県ではIopという環境制御で収量UPを目指し次世代の農業を推進。Iop技術を取入れているAitosaを視察しました。

 

 

2022/9/27

公明党野生動物被害対策PTにて、鳥獣被害対策・ジビエ等関係予算について論議。

ジビエの利用割合は現状約1割。広域搬入に向けた開発・改良を進めるとともに、ジビエを取り扱うレストランの拡大や、ペットフード、と体給餌用のエサとして有効活用するなど、ジビエ利活用を推進してまいります。

 

2022/9/26

10月は木材利用月間とのことで、消費者の部屋の展示「木材利用促進月間」を訪問しました。

国産の木材を利用した様々な玩具・グッズや間伐材による紙製飲料容器、木製車椅子等が展示されており、国産材製品を身近に感じるとともに、日々の暮らしに取り入れていくことの重要性を感じました。