消火

例えば集合住宅の2階以上で出火した場合、消火活動で下の階は水浸しになります。市の災害見舞金の規定では火元には見舞金が支給される一方、水浸しになった世帯には支給されませんでした。

罹災された方のお話を伺うなかで「これはおかしい」と思い、昨年(平成25年)の3月議会で消火活動で水浸しになった世帯にも見舞金を支給するよう規定の見直しを求めました。平成26年度から消火活動に伴う水損も見舞金の支給対象となりました。

ページ上部へ