通学定期代東葉高速鉄道の通学定期代の値下げが、平成25年5月29日に開かれた同鉄道の取締役会で決定しました。
通学定期代の割引率を現行の平均55%から、相互乗り入れしている東京メトロ並みの平均65%に引き上げる内容で、来年(平成26年)4月に実施される予定です。
東葉高速鉄道の通学定期代については、子どもを通学させる家庭にとって大きな負担となっていることから、これまで、市議会で負担軽減策を提案してきたほか、県議会、八千代市議会とも連携して値下げの実施を要望してきました。

ページ上部へ