船橋市の国民健康保険の場合、出産した後に支給される出産育児一時金を出産前に貸付する制度がありましたが、貸付の場合は9割までという制限がありました。

平成18年6月議会で、出産に伴う経済的な負担を少しでも軽減するため出産前でも全額受け取れるようにすべきと主張しました。

平成18年10月から出産育児一時金が30万円から35万円に引き上げられたのに合わせて、出産前でも全額を受け取ることができるようになりました。

ページ上部へ