可 燃ごみの収集については週3回、地域により月水金と火木土に収集が行われていますが、祝日は収集業務も休みとなっていました。月水金の収集地域については、特に月曜日が祝日に当たったり、振り替え休日になったりと、収集業務が休みとなることが多く、この場合、結局5日 間、生ごみなどを出すことができないといったことから、以前から祝日の収集業務の実施を求める声が地域、こうした月水金収集地域の住民から特に出されていました。

さらに、い わゆるハッピーマンデー法の施行により、平成12年から、それまで1月15日と10月 10日に定められていた成人の日と体育の日が、それぞれ各月の第2月曜日とされ、月曜日の祝日が2日ふえました。

これに加えて、海の日(7月20日)、敬 老の日(9月15日)をそれぞれ各月の第3月曜日とする国民の祝日に関する法律及び老人福祉法の一部を改正する法律が平成13年6月22日に公布され、平成14年1月1日から施行されたことに伴い、月曜の祝日がさらに2日ふえることになり、月水金収集地域の住民にとっては、不公平感が拡大することが懸念されることから、平成15年3月議会で これまで収集業務を休 んでいた祝日の月曜日のごみ収集を実施するよう求めました。

平成15年4月以降、海の日や敬老の日など、ハッピーマンデーにも特別収集を行うようになりました。

ページ上部へ