飯山満

事業期間が長期化している飯山満土地区画整理事業について市は、計画を縮小して早期完成を目指すこととして、夏頃に権利者に対して見直し案の土地利用計画、換地設計方針、事業展開計画を説明、9月頃に見直し換地案を提示などを経て、遅くとも平成27年度内に県知事の認可を受けて事業を再スタート。

事業開始後は10年間で工事を完成させる方針です。同事業は最終的に101億円の赤字が見込まれていましたが、計画見直しにより、支出を41億円圧縮、収入では新たな国の交付金を導入するとともに、市の負担金を43億円積み増して必要な事業費を確保するとしています。6月議会では区画整理区域内の諸課題として①横断歩道設置②歩道の設置③駐輪場の設置―を求めました。

①飯山満駅へ向かう際に横断する箇所に横断歩道設置を

飯山満1

つのだ:区画道路12-3号線。飯山満駅前を通る3・4・27号線の東側の道路について、過去の議会で特に朝夕の時間帯に飯山満駅を利用する通勤通学の方が多数横断する箇所に横断歩道設置を要望した際の答弁は、暫定的に供用されているために県の公安委員会との協議でも、設置は難しい。残る部分が完成すれば横断歩道も設置されるとのご回答であった。しかしながら現状でも多くの人や車が往来しており、全線の完成を待たずに早急に設置すべき状況だ。安全確保のため改めて設置を求める。

答弁:県警本部、船橋東警察署との協議の中で、東警察署には設置の必要性を認識してもらっており、現在、県警本部と調整を図っていると聞いている。早期に横断歩道が設置されるよう、引き続き要望してゆく。

②飯山満駅へ向かう道路の両側に歩道設置を

飯山満2

つのだ:飯山満駅から芝山東小学校方面へは北側に歩道が設置されているが、南側にはない。

利用する歩行者の多さや飯山満駅への動線を考えても両側に歩道を整備すべきと考える。ただ、これを区画整理事業でやるにはさらなる減歩が必要となり、現実的には難しい。市で用地を確保して整備するしかないと思うが事業が進んで建物が張り付いた後ではそれもままならない。ある意味、やるなら今しかない。区画道路12-3号線の整備に合わせて南側に歩道の整備をしていただきたいがいかがか。

答弁:本年2月に計測したところ、芝山高校への通学時間帯である午前8時から午前9時の1時間でも推計263人で、今後、住宅整備が進んでも歩行者の通行は片側で対応出来ると考えている。

③駅前の空き地に駐輪場設置を

飯山満3

つのだ: 区画整理事業の進捗に伴って飯山満駅の近くに臨時に設けられていた駐輪場がなくなったことなどもあって、便利な場所に駐輪場をつくってほしいという要望があるが、駅前の交通広場に面している保留地予定地、現在は空き地となっているが、駐輪場に出来ないか。

答弁:交通広場に隣接する未利用地(約650㎡)は、市の管理地となっており、保留地として売却するまでの間、暫定的に駐輪場として使用することは事業施行に支障もなく、可能である。今後検討したい。

ページ上部へ